【旅行の幅が広がる】バケーションレンタル/民泊/エアビーで旅がより自由に!

旅上手になるコツ

今回は、バケーションレンタル/民泊/エアビーを使って旅のスタイルを広げる方法を紹介します。

エアビー(Airbnb)が登場してまたたく間に世界中に広がった民泊やバケーションレンタルが、旅のスタイルを大きく変えたと思っています。むしろ変えたというより、幅を広げたという表現の方があっていると思います。民泊やバケーションレンタルを利用する事により旅のスタイル幅がどう広がるのかということを紹介します。

↓のページでは、具体的にどういう旅行に適しているか、物件の探し方を紹介してますので、併せて読んでみてください。



エアビーや民泊(バケーションレンタル)の安全性が気になる方はこちらから↓

民泊?バケーションレンタル?エアビー?

民泊?バケーションレンタル?エアビーのように色々と呼び名があり、どう違うの?と疑問に思われている方も多いと思うので、まずはそれぞれ簡単に説明しておきます。

ホテル等ではなく、個人が所有する物件もしくはその一部(部屋)をAirbnbなどのプラットフォームを介してレンタル契約する事を日本語で「民泊」、英語でバケーションレンタル (Vacation Rental)と言います(但し、今は個人ではなく法人が所有する物件も多いです)。2つの単語を比べると同じ意味で捉えにくい気はするのですが、同じように使われてはいます。 個人的なイメージでは、民泊はより住んでいる場所の一部屋を貸したり、所有するマンションの1室、もしくは民家を1棟貸すイメージで、バケーションレンタルはバケーション(休暇)なので、リゾート地の別荘やコンドミニアムを貸しているイメージです。

「エアビー」というのはAirbnbを略した日本語で、民泊やバケーションレンタルの代名詞としても「エアビー(Airbnb)」が使われています。Airbnbでない民泊やバケーションレンタルを使ってなくとも「エアビーで泊まった」というように使われており、ヤマト運輸の「宅急便」や「ファブリーズ」が代名詞になっているようなものですね。

バケーションレンタル(民泊)でなぜ旅のスタイルが広がった?

なぜバケーションレンタルで旅のスタイルが広がったのかというと、ひとえに泊まれる場所の選択肢が無限に広がったからです。今までは、基本的にホテルや旅館など宿泊施設として設計・管理された場所のみでしたが、Airbnbの登場により泊まれる場所が無限に増えありとあらゆる宿泊施設が登場しました。

住んでいる人の一部屋を借りて宿泊したり、1軒屋を丸々貸し切れたり、ツリーハウスに泊まれたりと、どこでも泊まれる場所があれば貸し出せる事ができます。これにより、面白い宿に泊まる旅やリゾートの別荘で長期滞在したり、ローカル食材を調達して自分で料理したり、1部屋を借りてオーナーとのコミュニケーションを楽しんだりと、それこそ無限に旅のスタイルが広がりました。また選択肢が多くなったことにより、価格の選択肢も増えたので、よりお得に泊まれたり、より豪華に泊まる事も可能になりました。

どんな場所が借りれるのか?

先程は、無限に増えたと記載しましたが、ここではどんな場所が借りれるのか代表的な種類をザックリ紹介しておきます。大きくリゾートとシティ(街中)で分けてますが、借り方的には丸々貸し切れる1棟貸し、マンションの1室、またオーナーが住んでいる家の1部屋の3タイプです。ただ既存の宿泊施設と民泊施設の境界が曖昧になっているため、エアビーなどでは多種多様な宿が予約可能になっています。

#リゾート

リゾート別荘の1棟貸し、リゾートのマンション(コンドミニアム)の1室、1軒屋の1棟貸し

#シティ

マンションの1室、マンションの1部屋(オーナーも同じ場所に住んでる)、1軒屋の1棟貸し、1軒屋の1部屋

バケーションレンタル(民泊)でこんな旅行ができちゃいます!

実際にバケーションレンタル(民泊)を使って、どんな旅行ができるようになるか紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください!

#ファミリーでリゾート1棟貸しステイ

ファミリーでリゾートにある1軒屋や別荘を1棟貸しして泊まります。ホテル違い、子供が騒いだりしても良いので、他の人に気兼ねなくリゾートでのバカンスを楽しめます。プールがついていたり、BBQができたりする物件も多いので、その中で1日中楽しむこともできます。洗濯機も置いてあったりするんで、服が汚れたりしても直ぐに洗ってたりできるのも良いです。ベッドルームが複数ついている物件もあるので、他のファミリーと一緒に大きな家を借りたりしても楽しいですね。

#仲間と1棟貸しでウェイウェイステイ

こちらもファミリーと同じですが、1棟貸しを借りてウェイウェイできるステイが楽しめます。周りに住宅がない場所を選べば、より気兼ねなく楽しむ事ができます。しかも、一人あたりで割ればかなりお得に泊まれますので、皆でワイワイしながらリゾートを楽しむなら、今後は民泊が主流になってくると思います(但しパーティー禁止の物件も多いため、ちゃんと確認してから借りましょう)

#現地の食材を調達してクッキングステイ

料理好きな人には、オススメしたいのがエアビーなどである程度広いキッチン付きの物件を借りてクッキングステイするのも楽しいと思います。まずは外食して、その土地の料理を食べて味を覚えたら、市場やファマーズマーケットに行って食材を調達、自分で作ってみる。海外の市場やファマーズマーケットは見てるだけでも楽しいですが、ぜひ物件を借りて料理にもチャレンジしても楽しいと思います!

#カップルで豪華なヴィラや古城でロマンチックステイ

カップルにオススメなのが、豪華なヴィラや古城に泊まってロマンチックな場所に泊まる旅行です。日本にも増えてきましたが、海外にはこんな場所に泊まれるの?と思うような豪華な物件が沢山あります。ニューヨークやパリのど真ん中に泊まって夜景を楽しむとかも良いですね。エアビーができたことにより、今まで体験できなかったような事ができるようになったので、ぜひ二人で最高のロマンチックステイを見つけてみてください。

#自然に囲まれた場所でワーケーションステイ

新型コロナウィルスでリモートワークが一般化したことにより、自分の好きな場所で働くことも可能になりました。ネット環境がしっかりしていれば、世界中のどこでも働けるので、自然に囲まれ場所やリゾートでワーケーションしてみるのも良いと思います。今後この流れが加速して、場所に囚われず働らく事がより一般化して欲しいですね。

#面白い場所にステイ

ぜひ見てもらうとわかるのですが、エアビーには本当に面白い物件が多数登録されています。ツリーハウスやボートやトレーラーの中、森の中で全面ガラス張りの宿など、多種多様です。そんな面白い場所に泊まるのを目的に旅行するのも民泊ならではです。

楽しそうだけど、安全なの??

人の家を借りたり、他の人の1室を借りのは安全なの?と思う方もいると思いますが、基本的にはちゃんとルールを守って気をつけていれば安全に利用できます。物件を選ぶ際の確認方法等もまとめていますので、ぜひそちらも読んでおくと安心できると思います。

ホテルと比べてデメリットはないの?

そんな旅のスタイルを広げてくれるエアビーや民泊(バケーションレンタル)には、デメリットはあるのか?という事ですが、やはりホテルと比べてサービスやセキュリティ面では劣ります。サービス面だと、24h人がいるわけではないので、チェックイン&アウト時間が限られていたり、荷物預かりがなかったりします。一つ前で説明したセキュリティ面ですが、オーナーの家に泊まったりするとやはり認証制度があるとしても、ホテルと比べればリスクは上がります(安全ではあるので、あくまでもリスクを比べればですが)

利用する際はルールを守って楽しみましょう。

もしエアビーや民泊を利用するのであれば、その物件のルールを守り、近隣住民やコミニティに迷惑がかからないよう楽しみましょう。利用者もホストから評価されるので、悪い評価がつけば利用ができなくなります。また民泊は使う人のマナーや周りの住民の理解で成りっている旅行のスタイルと認識していただければと思います。自分の隣の家がバケーションレンタルや民泊を始めて、外国人が夜まで騒いでうるさかったりゴミを捨てられたりしたら嫌な気持ちになりますよね…

世界と比べてまだまだ少ない日本人利用者

Booking.comの調べによると、世界の旅行者の39%はホテルをバケーションレンタルを利用したいと考えていますが、日本人はたったの4%しかいません。世界と比べてまだまだ日本人利用者が少ないです。ぜひバケーションレンタルのパイオニアになって、良いステイ体験をしてみてください。

バケーションレンタル/民泊/エアビーで、旅のスタイルを広げよう

バケーションレンタル/民泊の登場は、旅のスタイルを大きく広げてくれました。ぜひ素敵な物件を探して新しい体験をしてみてください。新しい旅のスタイルを試せたら、旅上手レベルが大幅に上がってます!

民泊/バケーションレンタルのオススメの探し方と予約サイトを紹介している記事はこちら↓

john78

旅歴20年以上、訪問国数86ヶ国の旅行が大好きなアザラシが、旅上手になるための知識やTipsを発信しているサイトです。また実際に行って良かった旅先やオススメのホテルも紹介していきます。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP