887810080

【意外と重要!】日の出・日の入りの時刻をチェックしておくべき3つの理由

旅上手になるコツ

今回は、「日の出・日の入りの時刻をチェックしておくべき3つの理由」を説明します。

みなさんは、旅行に行く前に旅行先の日の出・日の入りの時刻を調べていますか?
旅行前に日の出・日の入りの時刻を調べておく事は重要です。

また気候や休暇ほどではないですが、目的によっては最適な時期を決める要素にもなります。

もしまだ「最適な時期に旅行する事がなぜ大事か」を書いた記事を読んでいなければ、まずはそちらかお読みいただくと良いです。

なぜ重要なのか?

日の出と日の入りの時刻を知れば、3つの理由から旅行先のプランを立てやすくなるからです。

  1. 日中の長さがわかる
  2. 朝と夕方の特別な時間を活用できる
  3. 夜の楽しめる時間がわかる
  4.  

日中の長さで、そもそも外で観光できる時間が決まってくるのと、早朝の爽やかな時間やビーチだったら夕日を楽しんだり、夜の過ごし方も決めたりと事前に知っているだけで、計画を立てやすくなります。

1.日中の長さから計画を立てよう

日の出と日の入りの時間から日中の長さを確認

当たり前ですが、日の出と日の入りの時間がわかれば日中の長さをわかります。
そうなれば、外で観光できる時間がザッとわかるので、一日の計画が立てる事が可能です。例えば、日が暮れる前にホテルに着いていたい場合や、サンセットを見ながらレストランで食事したいならば、日の入りの時間から逆算してプランニングをしておく必要があります。
また少し治安が良くない場所に旅行する場合は、暗くなる時間を把握していないと犯罪にあうリスクが格段に上がりますので、必ず日の出・日の入りの時間はチェックが必須です。

近場で旅行する時は良いですが、北半球、南半球、夏と冬では、日中の長さは違いますし、日本でも北海道と沖縄では日の出、日の入りの時間は異なります。

特に日本より緯度が高い国に行く時は注意

北半球でも南半球でも日本よりも緯度が高い国は、季節での日の出、日の入りの時間の変動が特に大きいです。
日本の感覚で行ってしまうと、想定と大きく外れます。


例えば日本より高緯度にある西ヨーロッパは、夏は夜9時まで明るくてディナーを食べた後もまだ明るかったりもしますが、逆に冬は朝8時にやっと明るくなって、16時には暗くなりますので日中明るいうちに動ける時間は短くなります。
さらに緯度の高い北欧やアラスカ、カナダ北部はさらに顕著になります。

また東西に長い国だと日中の時間は変わりませんが日の出と日の入りの時間が東と西で変わります。これは日本がわかりやすいのですが、標準時が明石を基にしているので、東にいけば行くほど、日の出と日の入り時間が早くなり、逆に西に行けば日の出と日の入り時間は遅くなります。

日中が長いのは旅行に最適??

では日中が長い時期が旅行のベストシーズンでしょうか? 
確かに外や街歩きを楽しむでのあれば、長い時期が良いですが、やはり日本の夏より少し長いくらいが丁度良いです。

朝の爽やかな感じや、夕方の穏やか時間を楽しんだり、また夜景が綺麗な街も多いので、あまりにも日没が遅いと夜景を見るのは深夜になってしまい気付いたら人がいないなんて事もあります。
ビーチリゾートなんかも夕日が沈む頃にディナーを食べ始めるぐらいが明る過ぎず、暗すぎず丁度良かったりします。



ちなみに夏至に近い時期の北欧は、明るすぎて逆に辛かったりもします…。
以前、ほぼ白夜の時期にアイスランドに行ったのですが、完全に暗くなる時間がなく、夜も眠りにくくリズムが少しずれるのを感じました。

なぜそこまで変動するのか?
理科の話になりますが、なぜそこまで変動するのかは地球の傾きが影響してます。地球の自転軸が公転軸に対して約23.4度傾いているので、時期によって太陽の当たる時間が変化するためです。また日中の長さだけでなく、この傾きが地球の気候に大きな影響を与えています。ちなみに23.4度というのは現時点の傾きで、何万年という単位にはなるが約21~24.5度の範囲で、傾きが変化しており、これが地球の寒冷化と温暖化の原因になっているとも言われています。

2.朝と夕方の特別な時間を旅程に組み入れよう

朝や夕方の時間を旅先で楽しんできますか?
楽しんでなかったらかなり損してる可能性があります。
旅上手な人は、朝と夕方の時間を有意義に過ごしてます。

日の出、日の入りをチェックして欲しい2つめの理由としては、朝の爽やかな時間、夕方の穏やかな時間や夕日、そこからのマジックアワーが特別な時間だからです。
どれも短いですが一日の中で特別な時間で、その時間にしか見られない風景や光景が見れるので、ぜひうまく旅行のプランに取り入れて欲しいです。
日常生活だと見逃している時間の移ろいを意識して過ごせるのは、非日常感を感じられ旅行を楽しむための重要な要素です。

まずは日の出は何時だから、その時間に合わせて散歩してみたり、ビーチなど夕日が見れる場所であれば、夕日を見に行ったりしてみてください。
確実に旅行の楽しさは上がります!


朝と夕方は、写真撮影にはベストな時間

ちなみに朝と夕方は、写真撮影にはベストな時間です。
実際オシャレな写真は、この時間に撮られてる事が多いです。

太陽の光が柔らかいので雰囲気がある写真が撮れます。
また日中の頭上からの光と違い、影が綺麗に出るのでドラマチックな写真も撮れます。写真が好きな方や、映える写真が撮りたい方は、朝と夕方の時間をうまく活用してみてください。

3.夜の時間を把握して、夜の楽しみを

日中の長さとは逆で夜の時間がわかれば、夜を楽しむ事ができます。

例えば日没が早くても夜景が綺麗な街なら、より長く安全に夜景を楽しめます。
17時くらいに暗くなれば、まだ人も多く女性だけでも安全な時間に夜景を楽しめます。

ヨーロッパの歴史ある大都市は夜景が綺麗ですし、アジアの雑踏してるけどエネルギーに溢れてる夜景も見応えがあります。
またニューヨークに行くなら絶対に夜景は外せないですよね。
夜が長い時期は、イルミネーションで夜景がより楽しめるようになっているので、日没が遅い時期より夜の時間を楽しめると思います。逆に日没が遅い夏は、夜景を見れる時間が遅くなるので要注意です。夕日が沈んだ後のマジックアワーも長く真っ暗になった頃には既に23時をまわっていたということもあり得ます。

リゾートならぜひ星空を見に!

リゾートに行くなら、ぜひ星空を見に行きましょう。
信じられないくらいの星が見えます。

普通に天の川が見えたり、流れ星もバンバン見えます。星空を見る事自体も素敵ですが、「宇宙の中にいるんだな」と再認識できたりするのも非日常の体験ができ、旅行をより思い出深いものにしてくれます。ただ、見に行く際は安全面は注意しましょう。

日の出・日の入りの確認方法

日の出・日の入り時間の確認は物凄く簡単です。
timeanddateというサイトにいって、調べたい場所を右側の検索ボックスにいれれば表示されます。一年を通しての日中の時間や、日毎の時間も表示されますので、夕日を見に行く際にはその日の時間まで調べる事が可能です。

timeanddate

日の出・日の入りの時間をチェックして良い旅を

旅行に行く際は、旅行先の日の出・日の入りをチェックして、旅行のスケジュールに組み入れてみてください。
また朝や夕方の特別な時間、夜の時間をうまく活用する事で、旅行がより楽しくなります。
日の出・日の入りの時間に合わせて良い旅ができたら、また一歩旅上手に近づいてます!

旅上手を目指すtabizara

旅上手を目指すtabizara

元旅行会社勤務、旅歴20年以上、訪問国数86ヶ国、旅行が大好きで、日々いかに「旅上手」になれるかを考えています。このサイトでは、「旅上手」を目指す過程で、実際に便利だと思った知識やTipsを発信していきます。 旅行のスタイルは、バックパッカーでゲストハウスに泊まったり、キャンプしたり、はたまた5つ星ホテルに泊まったりと、幅広く楽しんでいます。 基本的に実際に行って良かった旅先やオススメのホテルのみを紹介してますので、ぜひ参考にしてみてください!

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

旅上手を目指すtabizara

旅上手を目指すtabizara

元旅行会社勤務、旅歴20年以上、訪問国数86ヶ国、旅行が大好きで、日々いかに「旅上手」になれるかを考えています。このサイトでは、「旅上手」を目指す過程で、実際に便利だと思った知識やちょっとしたコツを発信していきます。 旅行のスタイルは、バックパッカーでゲストハウスに泊まったり、キャンプしたり、はたまた5つ星ホテルに泊まったりと、幅広く楽しんでいます。 基本的に実際に行って良かった旅先やオススメのホテルのみを紹介してますので、ぜひ参考にしてみてください!

Ranking

  1. 1

    【宿ログ】-豪華過ぎた…朝食ブッフェ- センチュリーマリーナ函館 宿泊レポート

  2. 2

    【疑問解決】エアビーや民泊(バケーションレンタル)は安全なの?

  3. 3

    【民泊初心者向け】民泊/バケーションレンタル(エアビー)のオススメの探し方と予約サイト

最近の記事
  1. 【宿ログ】-豪華過ぎた…朝食ブッフェ- センチュリーマリーナ函館 宿泊レポート

  2. 【宿ログ】-森を感じ美味しい食事をいただく- BOSCAGE kariya -滞在レポート-

  3. 【宿ログ】-奄美の海が見える貸し切り1軒屋- MAISON DE AILE エアビー滞在レポート-

TOP