【疑問解決】クリスマスやラマダンの時期に旅行はどうなの?宗教イベント時の旅行について

旅上手になる3原則

今回は「宗教イベント開催時の旅行」について説明します。

tabizara
tabizara

クリスマスやラマダンの時期って旅行にはどうなの??

結論から言うと通常の旅行では、宗教イベント開催時は避けた方が良いです。

やはり人が多く動くのと、お店や美術館が休みになる事が多く、旅行に「最適な時期」ではないです。

では、どんな宗教イベントが影響するのか?

避けるべき理由と避け方を紹介します。

「最適な時期」に旅行する重要性を書いた記事を読んでいなければ、そちらからお読みください。

そもそも宗教イベントとは?

宗教イベントというと、どんなものを思い浮かべるでしょうか?

宗教イベントとは、特定の宗教で一定の期間に行われる行事です。

代表的な宗教イベントだとキリスト教のクリスマスとイスラム教のラマダンが世界的規模で行われて有名です。

日本人は表面的に宗教との繋がりが強くないので、認識してる人も少ないと思いますが、日本のお盆やお彼岸、正月も宗教イベントにあたります。

なぜ避けるべきか?

では、なぜ宗教行事中の旅行を避けた方が良いのでしょうか?

避けるべき理由は、5つあります。

  1. 人が多く動くため、街が混んだり飛行機や鉄道が混んだりして料金が高くなる
  2. 祝日になるのでお店や歴史的建造物、美術館が休業する
  3. 神聖な行事の場合、理解せずに行くと失礼にあたる場合がある
  4. 宗教行事はテロの標的になりやすいので、世界的に緊張が高まる
  5. 宗教行事がお祭りの場合、巻き込まれると旅行どころではなくなる(勿論、そのお祭りを目的とすれば良いですが…

最初の3つまでは、日本の正月をイメージしてもらうとわかりやすいと思います。

また公式な祝日ではないですが、お盆も人は動き料金も高いので避けたほうが良いですよね。

どうやって避けるか?

では、どうやって避ければ良いのか?

シンプルにその開催される時期を知り、旅行しなければ良いです。

多少前後するイベントもありますが、宗教行事は基本的に毎年同じ時期に開催されます。

よって時期さえ知ってしまえば、今年のイベント時期をチェックすることで難なく避ける事ができます。

具体的にはどんな宗教イベントが影響するのか?

次に具体的にはどんな宗教イベントが旅行に影響するかを説明します。

世界三大宗教のキリスト教、イスラム教、仏教の中でもキリスト教のイースターとクリスマス、イスラム教のラマダンは影響力が大きいです。

またイベントが開催されている国が多いので、その時期の旅行は注意が必要です。

仏教の大祭や人口が多いヒンズー教のクンブメーラ、ホーリーがあるのですが、開催されている国が少ないです。

仏教の大祭はインドネシア、ヒンズー教のイベントはインドがメインなので、その時に両国に行かなければ大丈夫です

クリスマスの旅行は避けるべき?

クリスマスの旅行はどうでしょうか?

答えは、「クリスマス前は良いが、クリスマス・イブ以降は避けるのが正解です」

日本では楽しいイベントのクリスマス(リア充やファミリーに限るですが)、海外でもイルミネーションが綺麗ですよね。

本場のクリスマスを楽しみたいと思いますよね。

しかしながら、クリスマス当日にヨーロッパやアメリカに行くと、悲惨なクリスマスが待っています。

というのも、クリスマスマーケットが開催されたりイルミネーションが綺麗だったりするのは、クリスマス・イブの昼間までです。

クリスマス・イブ以降は、お店や観光地、美術館等も閉まり、クリスマス当日は街全体が静かになります。

またクリスマスの翌日も祝日の国も多く、同様に街は静かです。

なので、せっかく行っても日本のようなクリスマスは全然満喫はできません…。

例えばですが、ロンドンは交通機関もほとんど止まります。

空港に着いたら、ホテル行くまでも大変、街はコンビニ的なお店しかやっていなので、やれることは散歩のみです。

せっかく、旅行に訪れたのに悲惨な状況ですよね…。

ただクリスマス前の期間は、クリスマスマーケットだったり、イルミネーションだったり、街も華やかになるので、その時期にいくのはオススメです…!

*コルマール(Colmar)のクリスマスマーケット

イースター休暇期間は旅行者が増えるので、できれば避けよう

日本でも少しずつ認知されてきたイースター期間も、旅行者が増えるので、できれば避けましょう。

毎年3月下旬〜4月中旬にあるイースター休暇は、クリスマスと違い欧米の旅行シーズンに当たります。

海外旅行する方も多いので特にヨーロッパは混み合うのと、それ以外の地域にも旅行者が訪れますので交通機関やホテルの料金が上がります。

ちなみに例年3月下旬〜4月の中旬の間で毎年日付が変わります。

春休みに旅行を計画している方は、今年のイースターの時期を確認しておきましょう。

ラマダン期間とラマダン明けはイスラム教国に行くのは避けよう

イスラム教のラマダン(ラマダーン)というは聞いたことがあるでしょうか?

最近は日本のニュースでも取り上げたりするので知っている方も多いと思います。

ヒジュラ暦の9月にあたる月にイスラム教徒は日の出から日没まで飲食を断ちます。

ラマダンの時期を体験するのが目的でなければ、この時期にイスラム教の国を旅行するのは避けた方が良いです

この時期、イスラム教の国は、人々や街のサイクルが通常とは大幅に変わります。

日中は飲み食いができないので、お店が閉まります。

また神聖な時期なので、イスラム教で禁止されているアルコール販売が禁止され、肌の露出にはいつも以上に配慮が必要になります。

空腹に伴う交通事故や軽犯罪も増えるようです。

そして残念な事にラマダンの時期に前後して世界中で多くのテロが発生しているのも事実です。

外務省:海外安全ホームページ

2023年のラマダン(ラマダーン)時期は、2023年3月22日(水)〜2023年4月20日(木)です。
(2024年だと3月10日〜とされています)

現地に友人がいたり、参加する機会があれば体験してみるのもあり

宗教のイベント時は通常の旅行は避けましょうと書きましたが、イベントを体験しに旅行する事は有りだと思います。

ただ現地に友人がいるなど、ガイドしてくれる方が必要です。

その宗教や文化を実際に体験する事により、その国や宗教への理解が深まる事は非常に素晴らしいと思います。

ただ体験にしに行く際は、最低限の知識とマナーを覚えて失礼のないようにしましょう。

自分もキリスト教信者ではないですが、現地の友達にクリスマスの教会ミサに参加させていただいた事があり良い経験になりました。

*インドのホーリーは参加目的で行けば楽しめます!

宗教イベントをうまく避けて、楽しい旅行を

宗教と生活との結びつきが強い国や地域では、宗教イベント時に旅行をする事は避けた方が良いです。

また宗教イベントと休暇も紐付いており、混んだり料金が高くなったりするので、できるだけこの時期の旅行は避けるべきです。

ただ体験できる機会があるなら、ぜひ体験もしてみてください。

宗教イベントをうまく避けて旅行ができるようになれば、また一歩「旅上手」になったと言えるのではないでしょうか。

旅上手を目指すtabizara

旅上手を目指すtabizara

元旅行会社勤務、旅歴20年以上、訪問国数86ヶ国、旅行が大好きで、日々いかに「旅上手」になれるかを考えています。このサイトでは、「旅上手」を目指す過程で、実際に便利だと思った知識やTipsを発信していきます。旅行のスタイルは、バックパッカーでゲストハウスに泊まったり、キャンプしたり、はたまた5つ星ホテルに泊まったりと、幅広く楽しんでいます。 基本的に実際に行って良かった旅先やオススメのホテルのみを紹介してますので、ぜひ参考にしてみてください!

関連記事

おすすめ記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

旅上手を目指すtabizara

旅上手を目指すtabizara

元旅行会社勤務、旅歴20年以上、訪問国数86ヶ国、旅行が大好きで、日々いかに「旅上手」になれるかを考えています。このサイトでは、「旅上手」を目指す過程で、実際に便利だと思った知識やちょっとしたコツを発信していきます。

Ranking

  1. 1

    【宿ログ】-豪華過ぎた…朝食ブッフェ- センチュリーマリーナ函館 宿泊記

  2. 2

    【これで予約上手に】海外旅行で必須のオンラインレストラン予約サイト&アプリ7選

  3. 3

    【疑問解決】エアビーや民泊(バケーションレンタル)は安全なの?

TOP