【ホテル選びで失敗しないために】アクセスとロケーションが重要!海外シティホテルの選び方

旅上手になるコツ

今回は、「海外旅行でのシティホテルの探し方」説明します。

tabizara
tabizara

海外でシティホテルに泊まる時は、「アクセス」と「ロケーション」を重視して選べば失敗は減ります。

皆さんは海外旅行で街中に泊まる時は、何を基準にホテルを選んでますか?

大きな都市になればなるほどホテルの選択肢も多いので、迷ってしまいますよね。

「旅上手」な人は、アクセスとロケーションからホテルを選んでいます。

その理由を説明した後に、選ぶ際にチェックする項目を紹介、最後にオススメのホテルタイプを解説してきます。

(※街といってもここでは大都市から中都市ぐらいを想定してます)


【先に読むのがオススメ】ホテル全般の失敗しない選び方はこちらから↓



【併せて読みたい】海外リゾートのホテル選びはこちらから↓

街中のホテルは、アクセスとロケーションが重要!

失敗しないホテルの選び方でも書きましたが、大都市や中都市で滞在する時は「アクセス」「ロケーション」の良さが重要です。

なぜアクセスとロケーションが重要か?

では、なぜアクセスとロケーションが重要なのでしょうか。

それは、アクセスやロケーションが良くないホテルに泊まると「快適性」が失われるからです。

ホテルの中でのんびり過ごすリゾートと違って、都市や街で泊まる時は観光がメインになります。

外出する回数が多いので、公共交通機関を利用する事も多いです。

的確な場所を選ばないと、移動が原因で疲れてしまったり、貴重な時間の浪費に繋がります。

タクシーを使う場合でも、場所が悪ければいつも渋滞に陥ります。

ロケーションに関しては、治安が悪い場所のホテルを選ぶと犯罪に合う可能性が高くなります。

また犯罪に巻き込まれなくとも、治安が良くないと滞在中不安のまま過ごす事になります。

ホテルのアクセスの良さは、どう見極める?

交通機関でのアクセスの良さは勿論のこと、旅程の導線に合わせてホテルを選ぶ事が重要です。

アクセスの良し悪しは、ホテルの価格に反映されます。

価格の安さに釣られて選ぶと、余計交通費がかかったり、時間を浪費したりする可能性もあるの注意です。

一つ一つアクセスを判断するポイントを解説していきますので、ホテルを選ぶ際に考慮してみてください。

空港やターミナル駅からのアクセス

空港やターミナル駅からのアクセスは、特に下記の場合は重視した方が良い点です。

・到着した日や出発する日の時間帯が早い時や遅い時

・滞在日数が短い時

夜遅く空港に到着するのに、空港から遠いホテルを選ぶば、その分危険性は上がります。

また出発が早いのに空港や駅から遠いホテルだとさらに出発時間が早くなり、乗り遅れるリスクも上がります。

そうならないためにも空港から1本で行ける鉄道や地下鉄の駅近く、もしくはエアポートシャトルバスのバス停近くが便利でオススメです。

注意点としては、日本と違い、鉄道のターミナル駅近くは、あまり治安が良くない街も多いので事前に調べておくと良いです。


公共交通を使う場合のアクセス方法

公共交通期間を使う場合は、まずアクセス方法が電車なのか、地下鉄、バスなのかを調べておきましょう。

日本人だと電車や地下鉄に馴染みが深いので、バスよりも電車や地下鉄でアクセスができる場所の方が便利だと思います。

地下鉄だと2路線以上が使えれば、より便利度は上がります。

バスはスーツケースが載せにくかったり、止まる場所を自分で判断しないといけないため、初めての街だと少し難易度が高いです。

最寄りの駅やバス停からの歩く距離

最寄りの駅からの距離は、当たり前ですが単純に歩く距離が短い方が良いです。

スーツケースを持っていると、歩く時間は多くかかりますし、雨が降っていたりすると大変ですよね。

また夜にホテルに帰る場合も歩く時間が短い方が、犯罪に合う確率も下がります。


観光したい場所から近いかどうか

観光したい場所からのアクセスも重要です。

特に観光の予定を組み立てる際にホテルが良い場所にあると、旅行の幅が広がります。

またそれだけで余裕も生まれるので、旅行自体が楽しめます。

忘れ物があっても気軽に取りに帰れたり、疲れたり、天気が悪くなったら少し休んだりする事ができます。

また買い物したモノを一度置いたり、日中は観光して一度帰ってきてドレスアップしてディナーに行ったりと、ナイトライフも柔軟に楽しめます。

タクシーを使う場所は、渋滞状況や道路状況をチェック

タクシーを使う場合は、ホテルの周辺の渋滞状況や道路状況が重要です。

タクシー使う予定だからとアクセスを気にせずホテルを選んでしまうと、渋滞にガッツリはまってしまい、他の予定に間に合わなかったり、電車や飛行機に乗り遅れるケースも十分にあります。

特にアジアの大都市は渋滞が常態化しており、朝夕のラッシュ時間に移動する際は注意が必要です。

車を使う場合は、周りの道路状況や駐車場を確認

街中で泊まる際に車を使うケースは、多くはないかと思います。

ただ利用する場合は、道路状況や駐車場はアクセスの良し悪しを決める大切な要素です。

タクシーの箇所でも記載しましたが、渋滞に巻き込まれる可能性があるのと、小さな道や路地に面したホテルだと入庫するのが大変で疲れてしまいます。

そして駐車場があるかどうかは必ずチェックが必要です

荷物が多いか、少ないか

他の点とは少し違う観点ですが、アクセスを考える際にその旅行が荷物が多いか少ないかも重要な要素です。

荷物が多ければ、より簡単にアクセスできるホテルを選んだ方が良です。

また同じ旅行でも、最初より後半の方が買い物したりお土産を買ったりで荷物が増えるので、その辺りも考慮にいれておきましょう。

ホテルのロケーション(周りの環境)で気にすべき点は?

アクセスと同じく気にするべきなのがホテルの周りの環境です。

周りの治安はどうなのか

騒がしい、静かな場所か

どんな建物があるのか

おしゃれお店やカフェがあるか

ちょっとした買い物ができるスーパーがあるか

これらは、快適な滞在する上で重要な要素です。

一つ一つポイントを解説していきますので、ホテルを選ぶ際に考慮してみてください。

周辺の治安は問題ないか

環境の中でも一番気にすべきなのが、周辺の治安です。

治安の悪い場所だと、犯罪に合う確率も上がるのと、被害に合わなくても滞在中不安を覚えると旅行が楽しめなくなります。

日本と違い海外の都市は治安の良い場所と悪い場所が、エリアで分かれていたりするので、良くないエリアから選ばないようすれば、ある程度回避はできます。

ちなみに移民が多い区域だと、街の雰囲気が変わり、治安が悪くなくても、なんだか違う場所に来た気がして不安になるので避けた方が良いです。

どんなエリアにあるのか

ホテルが、その街のどんなエリアにあるのかを把握しておきましょう。

例えば、ビジネス街だと、平日は賑やかだけど、週末は閑散としていたり、また朝夕はラッシュで混んだりもします。

繁華街であれば、夜まで賑やかだし、官公庁街であれば静かではあるけど、お店があまりなかったりします。

周りは騒がしい場所か、静かな場所か

ホテルが騒がしい場所にあるか、静かな場所にあるかも、ホテルのロケーションで大事な点です

便利さを求めて街の中心にあるホテルを選ぶと、逆に夜までうるさかったりで、眠れなかったりします。

夜中に酔っぱらいの叫び声とか聞こえると、不安になったりしますよね…

ただ明るくて夜でも人通りが多いのは、安全ではあるので、ナイトライフを楽しみたい人にはオススメです。

近くにスーパーやコンビニはあるか

ホテルの近くにスーパーやコンビニがあるのは、何気に重要な要素です。

ホテルに帰ってくる時に、飲み物やちょっとしたお菓子を買ったりして、すぐにホテルに戻れるのは便利ですよね。

特に水道水がそのまま飲めないと、お水を常備しておく必要があります。

以前、出張でパリに行った際、泊まったホテルの周りにコンビニやスーパー等がなく、部屋に置いてあるエビアンを飲んだ事があります。

その時は、チェックアウト時に7€ぐらい取られて「1000円の水かよ」と泣く泣く支払った事があるので、ちょっとしたモノが買えるお店があると安心です。

周りにカフェや散歩できる場所はあるか

これはプラス要素になりますが、周りにオシャレなカフェや散歩できる公園があると良いです。

ホテルに朝食が付いていなければ、カフェでモーニングをしたり、あとは公園で朝散歩するのも気持ちが良いです。



都市の滞在で、オススメのホテルタイプや滞在方法

ここからは、都市や街中の滞在にオススメのホテルタイプや滞在方法を紹介してします。

ホテルタイプでハズレないのは、チェーンのシティホテル

都市や街の滞在で一番ハズレが少ないのは、チェーンのシティホテルです。

日本でもシティホテルのチェーンがあると思うのですが、海外にも同様に全国展開しているホテルチェーンがあります。

基本的にアクセスや立地が良く、基本のサービスも提供されているので、ハズレが少なく滞在できます。

街歩きに疲れたり、夏の昼間は暑過ぎて観光できなかったりするので、日中でもホテルに滞在できるのは快適です。

またプールやバー等の設備が着いているホテルであれば、より快適にホテル滞在と観光が楽しめます。

その辺は予算や滞在の目的に合わせて選べばOKです。

シティホテルチェーンはグローバルチェーンも多いので、ある程度チェーンブランドを覚えておくと選ぶ時に便利です。


長く滞在するなら、アパートメントもオススメ

一定期間、同じ街に滞在するならキッチンが付いているアパートメントタイプの滞在先がオススメです。

特に外食代が高い街だと、毎日外で食べていると食費もかさむので、テイクアウトや自炊をすると費用を抑える事ができます。

市場やマーケットがあり新鮮な食材が手に入る街なら、宿で簡単に調理する事もできて楽しいです。

また人数が多い時はホテルよりも断然割安になるので、ぜひ検討してみてください。

ホテルだと最大3人が多いですが、アパートメントタイプなら、3部屋や4部屋ついており、トイレやシャワーも複数あるので快適に過ごせます。

一人旅の場合は、ゲストハウスやエアビーの活用を

一人でホテルに泊まると、海外のホテルは1部屋辺りの料金計算ので割高になってしまいます。

一番費用を抑えるなら、ゲストハウスやホステルでドミトリー(相部屋)に泊まるのが良いです。

ただゲストハウスでドミトリーはちょっとな…という場合は、エアビーを利用するとかなり割安に泊まる事ができます。

格安ホテルもなくはないですが、ハズレを引くとそれなりの場所を覚悟する必要があります。

それならばエアビーで、口コミが良いオーナーの家に滞在した方が断然快適に過ごせます。

特にホテル代が高い、北米やヨーロッパの大都市、香港、シンガポールでは利用を検討してみてください。

シティホテルなら新しいホテルがオススメ

シティホテルホテルに泊まるなら、新しいホテルがオススメです。

「失敗しないホテル選び」でも書きましたが、新しいホテルは清潔で設備も最新なので快適です。

一点、オープンしたばかりだとサービスが追いついていないリスクはあります。

ただシティホテルならばリゾートホテルと違いそこまでサービスの質を必要としないので、もし新しいホテルがあるならば断然そちらの方が良いです。

新しいホテルは、少しアクセスが良くない可能性があるので、選ぶ際はそこだけ注意しましょう。

【朝食はつけるかつけないか】
余談ですが、ホテルの朝食をつけるかつかないか迷う方も多いかと思います。個人的には、シティホテルでゆったりと朝食が食べるのが好きだったりするので、朝食が良さげなホテルをあえて選んだりします。あとはサラダやフルーツなどの外で食べにくい食材が食べれたりすると、朝食付きにします。ただ少し割高にはなってしまうので、そういった良さがなければ、街中のカフェで食べた方が自分の好きなモノが選べて良いです。

アクセスとロケーションを重視して、失敗しない海外シティホテル滞在を

「チェックする項目多すぎ!」と思ったかもしれないですが、慣れてくればホテル選びでの失敗が減ってきます。

今より簡単にホテルが選べ快適に旅行ができれば、また一歩「旅上手」に近づいているのではないでしょうか。

旅上手を目指すtabizara

旅上手を目指すtabizara

元旅行会社勤務、旅歴20年以上、訪問国数86ヶ国、旅行が大好きで、日々いかに「旅上手」になれるかを考えています。このサイトでは、「旅上手」を目指す過程で、実際に便利だと思った知識やTipsを発信していきます。旅行のスタイルは、バックパッカーでゲストハウスに泊まったり、キャンプしたり、はたまた5つ星ホテルに泊まったりと、幅広く楽しんでいます。 基本的に実際に行って良かった旅先やオススメのホテルのみを紹介してますので、ぜひ参考にしてみてください!

関連記事

おすすめ記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

旅上手を目指すtabizara

旅上手を目指すtabizara

元旅行会社勤務、旅歴20年以上、訪問国数86ヶ国、旅行が大好きで、日々いかに「旅上手」になれるかを考えています。このサイトでは、「旅上手」を目指す過程で、実際に便利だと思った知識やちょっとしたコツを発信していきます。

Ranking

  1. 1

    【宿ログ】-豪華過ぎた…朝食ブッフェ- センチュリーマリーナ函館 宿泊記

  2. 2

    【これで予約上手に】海外旅行で必須のオンラインレストラン予約サイト&アプリ7選

  3. 3

    【疑問解決】エアビーや民泊(バケーションレンタル)は安全なの?

TOP