【最適な旅行時期】この時期に旅行はNG?!世界の大型連休や長期休暇はできるだけ避けよう

旅上手になる3原則

今回は、旅行者が多くなる「世界の大型連休や長期休暇」の避け方を紹介します。

旅先の大型連休や長期休暇の時期を避ける事は、快適にお得に旅行する上で非常に重要です。
逆に知らずに間違った時期を選んでしまうと、悲惨な状況になりえます…。

おおまかな世界の大型連休と長期休暇期間も併せて紹介するので、参考にしてみてください。

もしまだ「最適な時期に旅行する事がなぜ大事か」を書いた記事を読んでいなければ、まずはそちらかお読みいただくと良いです。

なぜ大型連休や長期休暇は避ける必要があるのか?

なぜ大型連休や長期休暇は避けるべきなのか?
日本のゴールデンウィークをイメージがしやすいです。

ホテルや交通機関の料金は高く、どこに行っても混雑していてますよね?
なのでもし海外の友達が日本に来ることになっても、ゴールデンウィークに来ることはオススメしないと思います。


それと同じで日本のゴールデンウェークにあたるような現地の連休の時期に旅行するのは、避けるべきだと思いませんか。
また連休でなくとも、学校の長期休暇に当る時期(夏休み、冬休み等)は通常の時期より混むので、できれば避けたほうが良いですよね。
しかも混んでる=値段が高いなので、混んでる時期を外せば逆にお得に旅行が楽しめるのメリットもあります。

ちなみにオーストラリアの観光局はハイシーズンに注意しましょうと丁寧にオーストラリアの学校の休み期間をウェブサイトに掲載しています。
オーストラリア観光局:オーストラリアのスクールホリデー

祝日や連休は「国 連休 年」をGoogleで調べておく

大型連休を避けるためには、まず行きたい国の連休を必ずチェックしておきましょう。

各国の祝日や連休に関しては、旅行に行きたい場所と日程がある程度決まったらGoogleで検索して調べれば良いです。
休暇と違い2週間にまたがる事はないので、その1週間や週末を外せばほぼ影響はないです。Googleで「フランス、連休、2021」と検索をかければ、連休や祝日を紹介しているサイトが見つかるので参考にしましょう。

長期休暇の時期を大まかに知っておこう

連休と違って長期休暇の時期は決まっているので、ある程度認識しておくと便利です。

まずは日本の春休みや夏休みにあたるような学校が休み、もしくは多くの人が休みと取る時期を知っておきましょう。
学校が休みの時期はファミリーで旅行する方も増えて、特にリゾート地が賑わいます。日本も同じですが、夏休みに入る時期に合わせて、航空券やホテルの値段も上がります。

世界の休暇シーズン表をみてチェック

世界の主な地域と国の休暇シーズンをまとめたので、参考にしてみてください。

・どの国も小学校の休みをベース
・日付は、おおよその日付で毎年前後する
・国の中でもエリア毎に前後する
・南半球の国や赤道に近い国は、季節が北半球と異なる

地域/国 春休み 夏休み 年末年始/冬休み
日本 3/25-4/5 7/20-8/31 12/25-1/7
アメリカ 3月〜4月に1週間 6月中旬〜8月末 12/22-1/3
カナダ 3月に1週間 7月初旬〜8月末 12/21-1/22
イギリス 3月下旬〜4月中旬に2週間 7月下旬〜8月末 12/22-1/3
フランス 3月下旬〜4月中旬に2週間 7/1-8/31 12/22-1/3
2月中旬〜3月初旬に2週間
中国 なし 7月中旬〜8月末 1月〜2月に1ヶ月
タイ 10月初旬〜下旬に2週間 3月末〜5月中旬 12/25-1/3
インド なし 北(5月〜6月)
南(4月〜6月)
12/22-1/3
オーストラリア 3月下旬〜4月中旬に2週間 6月下旬〜7月中旬に2週間
9月中旬〜10月初旬に2週間
12月中旬〜1月末

4月始まりは日本だけ??
少し雑談になりますが、4月に新学期が始まるのは日本くらいです。欧米は9月スタートが基本なので、北半球ではそれに合わせた国が多いです。日本は4月の桜が咲いて新しい季節の始まりという意味で4月スタートが生活に浸透していますが、世界的にみるとレアな国です。元々、西洋文化を取り入れた際は9月スタートでしたが、政治的な思惑から国の会計年度に合わせる形で4月入学になりました(なので桜があるから4月ではないです)

ヨーロッパに行くならイースター休暇とクリスマス休暇に注意

ヨーロッパに行くなら、イースター休暇とクリスマス休暇時期に注意です!

イースターは休暇で旅行に出かける人や帰省する人で混み合います。イースター休暇の厄介なところは、例年3月下旬〜4月の中旬の間で毎年日付が変わるということです。東アジアの旧正月もそうですが、クリスマスや年末年始と違い日付が決まっていないので、その年の休みになる期間をチェックする必要があります。

クリスマスはどちらかというと帰省する人が多いのと、クリスマス・イブからお店や美術館等で閉まるところが多く、街が寂しくなります。宗教行事に関わるイベントは他の記事でも紹介しているので、そちらも併せて読んでいただければと思います。



中華圏では旧正月は日本国内旅行も海外旅行をできるだけ避けよう

太陰暦の正月(年始)にあたる旧正月は、中華圏において旅行や帰省で多く人が動きます。
よって確実にこの時期は旅行を避けた方が良いでしょう。

中華圏(中国、台湾、香港、韓国、北朝鮮、マカオ、シンガポール、ベトナム、マレーシア)は勿論の事、日本国内、それ以外の海外地域も避けた方が無難です。というのも、中華圏から旅行者が日本を含む世界各地に行くので、どこも混み合います。
こちらもイースター休暇と同じく、1月21日頃から2月20日頃の間で毎年変わります。国内旅行にも関係してくるので、旧正月に関しては毎年把握しておいた方が良いです。ちなみに旧正月は日本語での言い方で、中国語だと主に春節と呼ばれ、英語だとChinese New Yearと呼ばれる事が多いです。

直近の旧正月の日付
・2022年2月12日
・2023年1月22日
・2024年2月10日
・2025年1月29日
・2026年2月17日

日本の連休は年末年始以外、基本気にしなくて良いが近場の国は注意

日本のゴールデンウェークやお盆等の連休は、そこまで混み具合を気にする必要はありません。

何故かというとフライトの本数上、日本から出国できる数に限界があるためです。年末年始以外他の国と被ってるわけでないので、海外に出てしまえば別に混んでいるわけではないのではなくなります。ただし航空券はべらぼうに高いですが…

ただ韓国、台湾等の近場の国やハワイは、注意が必要。
特にソウルや台北、ワイキキにある日本人に人気のエリアやお店は行ってみたら日本人だらけだっという事も有りえます。お店の味や商品が変わるでもないですが、雰囲気は変わるの旅行で大事にしたい非日常感はなくなります…。

またゴールデンウィーク中の5月1日はメーデーなので注意が必要。
多くの国で5月1日はメーデーのため、休みになるお店や美術館もあったりするので、行きたい場所の営業日は調べておきましょう。また国によってはデモが行われたりする可能性があります。万が一、遭遇しても近づいたりむやみに写真を撮らないようにしましょう。

他の国の長期休暇や連休を避けて楽しい旅を

せっかく旅行に行ったのに混んでて楽しめなかったり、知らずうちにいつもより高い料金に泊まっている事がないように、他の国の長期休暇や連休は事前に調べてできるだけ回避しましょう。
うまく避けて楽しい旅ができたら、また一歩旅上手になれています!

tabizara

tabizara

元旅行会社勤務、旅歴20年以上、訪問国数86ヶ国、日々いかに旅上手になれるかを考えている旅行好きです。旅行してきて経験から、旅上手になるための知識やTipsを発信しています。バックパッカーでゲストハウスに泊まったり、キャンプしたり、はたまた5つ星ホテルに泊まったりと、幅広く楽しんでいます。 実際に行って良かった旅先やオススメのホテルも紹介してますので、ぜひ参考にしてみてください!

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

tabizara

tabizara

元旅行会社勤務、旅歴20年以上、訪問国数86ヶ国、日々いかに旅上手になれるかを考えている旅行好きです。旅行してきて経験から、旅上手になるための知識やTipsを発信しています。バックパッカーでゲストハウスに泊まったり、キャンプしたり、はたまた5つ星ホテルに泊まったりと、幅広く楽しんでいます。 実際に行って良かった旅先やオススメのホテルも紹介してますので、ぜひ参考にしてみてください!

Ranking

  1. 1

    【グルメ好き必見】泊まれるレストラン?!「オーベルジュ」で幸せな一時を

  2. 2

    【How to】海外レンタカーを予約しよう!

  3. 3

    【最適な旅行時期】国内旅行で気候や天気が良い時期は、何を基準に選ぶの?

最近の記事
  1. 【旅行の準備】意外と重要!日の出・日の入りの時刻をチェックしておくべき3つの理由

  2. 【最適な旅行時期】クリスマスやラマダンな時期に旅行はどうなの?宗教イベント時の旅行について

  3. 【最適な旅行時期】この時期に旅行はNG?!世界の大型連休や長期休暇はできるだけ避けよう

TOP