【How to】海外レンタカーを借りよう 現地編

レンタカー

今回は、海外レンタカーを現地で実際に借りる際に知っておくと良い点を紹介します。

国や場所によって多少は違いますが、借りる流れとして参考にしていただけたらと思います。

海外レンタカーの魅力や借り方は別のページで紹介しているので、まだ読んでない方はそちらから読んでみてください。またページ下部から飛べる運転の注意点のページも併せて読んでいただくと、参考になると思います。


まずはオンラインチェックインが可能かどうか事前に確認

最近では、大手のレンタカー会社でオンラインチェックインができる会社も増えてきました。
飛行機はもうほとんどの会社でできると思いますが、レンタカーも対応可能になってきており、できると非常に楽です。事前に日本でオンラインチェックインしておき、予約表を印刷しておけば、現地でカウンターによらず、駐車場へ直行して車を借りる事が可能です。
現在確認できているのは、ハーツ(Hertz)、エイビス(Avis)、アラモ(Alamo)では可能です(場所によってはできない営業所もあるので、借りる際に確認しておきましょう)

空港で借りる場合は事前にどこで借りるかを確認しておこう

空港でレンタカーを借りる場合は、カウンターがどのターミナルにあるか、もしくは送迎バスで営業所まで移動が必要か確認しておきましょう。また小さな空港だと、名札を持った方は待っていたりする場合もあります。基本的にはレンタカーのアイコンで標識があるのですが、わかりずらい空港もあったりします。特にカウンターが到着したターミナルと別のターミナルにある場合はどうやってそこまで行くかを確認しておきましょう。国内線と国際線のターミナルが分かれており、国際線の発着が少ないとカウンターがなかったりします。送迎バスの場合は、バス停まで行き営業所まで移動します(日本も新千歳空港や那覇空港等の大きな空港でも送迎バスなので、そこまでわかりずらい事はないと思います)

カウンターでは、保険オプションの提案に迷わないように

カウンターでのやり取りはそこまで難しくはないと思います。個人的な経験でも、特に困ったことがあった事はなかったと思います。ただ保険の提案で迷わないようにしておきましょう。保険をフルに付けている場合は良いですが、どれか付けていないと付けないか提案される事があります。ないとこんな事が起きるぞと上手くセールスしてくるスタッフもいるので、事前にどれを付けて付けないかを明確にしておくと良いと思います。アジアだとそこまでセールスされないですが、北米やハワイはしっかり提案してくる印象です。あとは、レンタルでわからない事があれば聞いておきましょう。オンラインチェックインだと、この手続きがないのでかなり楽になります。

セルフチェックイン機があれば、試してみましょう

もしカウンターが並んでいて、セルフチェックイン機があれば迷わず試してみましょう。日本語を対応している機械もあるのと、英語でもそこまで難しい英語ではないので、チェックインまでできると思います。カウンターがかなり並んでいるなら、サクっと借りれるチェックイン機は早くてかなり便利です。万が一意味がわからない場合は、途中で止めてカウンターに並んでも大丈夫ですので、チャレンジしてみましょう。

車の配車は店舗により違い、自分で好きに車が選べる店舗も

車の借り方は会社や営業所毎に様々です。小さい空港だと、スタッフの方が乗って持ってきてくれるところもあれば、駐車場で案内してくれたり、自分でナンバープレートから見つけたりと場所によって変わってきます。一番面白いのは、選択した車種カテゴリーの中から、好きな車を選べるシステムです。お気に入りのメーカーや試してみたいメーカー、また同じ車でも好きな色から選べるのは楽しいですので、お気に入りの一台を選んでみてください。選んだらそのまま荷物を積んで乗り込めばOKです。もし海外レンタカーに慣れてなく、日本車が選べればその方が使いがってが慣れてますので安心です。

傷や凹みがないかチェック

日本のレンタカーでも同じですが、傷や凹みを必ず確認しておきましょう。全般的に日本より海外の方が適当ですので、返却した際に指摘されないよう、一周してしっかりチェックしておきましょう。
ただ細かい擦り傷や小石の跳ね跡を言われる事はないので、大丈夫だとは思います。

焦らず座席やミラー調整してナビをセット

スタッフの方がいたりすると、少し出発が焦ってしまいますが、シートに座ったらまずは深呼吸を1回。一息ついたら焦らず座席やミラーの調整を必ずやっておきましょう。また海外メーカーの車の場合、ライトやウィンカー、エアコン等のスイッチが日本車と違う場合があるので、出発する前に必要になる機能は全てチェックする事が大事です。一通り調整と確認が済んだら、Google Mapで目的地をセットして出発しましょう。

駐車場の外に出る前にチェックゲートがあることも

車を自分で選ぶ形式の場合、駐車場の外に出る前にチェックゲートがあります。ここで車体の傷のチェックシートを提出しますので準備しておきましょう。またオンラインチェックインした場合は、併せて免許証の提示を求められる事があります。

ついに出発!レンタカーでより自由な旅を!

出発したら、あとは安全運転で目的地を目指しましょう!空港内は、速度制限が厳しい場合があるので、いきなり捕まらないように注意してください。
他にも海外レンタカーを利用する際の注意点を下記のページで紹介してますので、読んでみてください。
海外レンタカー難なく借りてドライブを楽しみ、また一歩旅上手に近づいたら嬉しいです。

john78

旅歴20年以上、訪問国数86ヶ国の旅行が大好きなアザラシが、旅上手になるための知識やTipsを発信しているサイトです。また実際に行って良かった旅先やオススメのホテルも紹介していきます。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP