【基本編】失敗しないレンタカーの選び方

レンタカー

今回は失敗しないレンタカーの選び方について書いていきます。

レンタカーは使いこなすと旅行の幅が広がるので、ぜひ国内でも海外でも積極的に利用すると良いと思います。
個人的な経験からレンタカーを借りる際に気をつけた方が良い点とお得になる点を紹介します。

こちらは基本編なので、レンタカー利用に関して書いたページを併せて読んでみてください。

まずはレンタカー会社を比較しよう

レンタカーを探すなら、まずはレンタカー会社のサイトから探すのではなく、比較できるサイトから探しましょう。国内なら楽天トラベルやじゃらん等のオンライン旅行予約サイトが、基本的に比較して検索できるようになっているので、まずはそこから探しましょう。海外の場合は、Booking.comグループのRentalcar.comが世界中のレンタカーを検索でき便利です。各社料金が違っているので比較するのは勿論の事、意外と重要なのが営業所の所在地も各社違うので便利な場所を探しましょう。
           

12時間・24時間単位でも検索してみよう

レンタカーを検索する際に出発時間と返却時間を入れるのですが、もし予定がある程度調整可能なら12時間、24時間単位に合わせて検索してみてください。というのも、レンタカー会社は通常、6時間、12時間、24時間で料金を設定している事も多く、26時間とか端数だと料金が高くなってしまう事があります。勿論、その分借りれなくなるので、思う存分楽しみたい方は希望の時間で借りる方が良いです。

営業所の位置・送迎時間は必ずチェック

料金や車種は確認するとは思いますが、レンタカーを借りる営業所の場所も必ず確認しておきましょう。料金が格安だったので借りたら、借りる場所が遠かった…なんて事もありえます。レンタカーだからといって荷物を多めに持っていったら、かなり歩いて疲れてしまうのとか最悪ですよね。
また空港でレンタカーを借りる際は、空港の敷地で借りれる事は少なく送迎が多いと思うのですが、この送迎の時間もチェックしておきましょう。空港から車で10分とか、実際距離だとかなり遠いのと、送迎を待つ時間もあるので、中々に時間をロスしてしまいます。
海外だと街中にあるレンタカーの営業所は必ずしも便利な場所にあるわけでないので、Google Map等でアクセスをチェックしておきましょう。

車は小さい方が運転しやすいが、人数や荷物も考慮しておこう

車は、もし普段乗りなれている車種があるなら、それでも良いですが、そうでない人は2人〜3人ならコンパクトな車種が運転しやすく、また料金も安いので良いと思います。国内だと軽自動車が一番安いのですが、安全面等を考えるとヤリス(ヴィッツ)やノート、キューブ等のコンパクトカーが良いのかと思います。ただ人数が多い場合、コンパクトカーは厳しいので、セダン型のスタンダードにしましょう(後部座席3人での長時間ドライブは、かなり辛いです…)
また海外だとスーツケースで行くと思うのですが、スーツケースが入るかも考慮に考えるましょう。スーツケースがトランクに入り切らず、後部座席の人が抱えて乗るとか、笑える状態になります…

スタッドレスタイヤやチャイルドシート等の必須なオプションも忘れずに

オプションは、そこまで付けなくても良いとは思いますが、冬のスタッドレスタイヤやチャイルドシート等は忘れずに付いているか確認しましょう。スキー、スノーボードで雪山に行かなくても、冬に山にある温泉に行く場合や山道を通る予定があるなら、スタッドレスタイヤは必須です。天気予報は雪でなくとも山の一部では雪が降っていたりするので、通常タイヤでの走行はかなり危険です。
チャイルドシートは当日でも借りれるとは思いますが、数に限りがあるので予約の際にチェックを入れておきましょう。

保険はどこまで入れば良いの?

保険に入るかどうかは、最初皆さん迷われると思います。勿論、これはどこまで保証してもらうかなので、個人的にどこまでリスクを許容するかになります。保険の種類等をここでは細かく説明しませんが、国内で借りる際はは基本の免責補償に入れば良いかと思います。追加保証とNOC(事故車の保証)は起きたら払えば良い金額なので、事故が起きた際に支払えば良いです。ただ大人数で行く場合は、一人当たりで割るとそこまで高くないので、事故が起きた際に誰が負担するかで揉めるよりは、入っておいた方が良いかもしれないです。

大手で在庫がない場合はローカルなレンタカー会社を探そう

ゴールデンウィークや年末など人気の日程で大手レンタカー会社の在庫がない場合は、ローカルの小さなレンタカー会社でも探してみましょう。大手の旅行会社だと、楽天トラベルが比較的ローカルの小さなレンタカー会社も掲載されているので、検索してみましょう。あとはGoogle Mapで借りたい場所に地図を合わせて「レンタカー」で検索してみると、ローカルのレンタカー会社が表示されるので、チェックしてみると在庫が合ったりします。また小さなレンタカー会社だと空港や駅から少し遠くても送迎や車を持ってきたり柔軟にサービスしてくれたりするので、アクセスが悪くても諦めずに聞いてみると良いかと思います。

オープンカーやキャンピングカーも借りれます

オープンカーやキャンピングカーもレンタカーで借りれるのは知っていましたか??
意外とレンタカーでは、通常のタイプとは違って面白い車種を借りる事ができます。リゾート地をオープンカーで走ったり、キャンピングカーで旅行してみたりと、車がテーマな旅行もできますので、機会があればぜひ挑戦してみてください。

ダイナミックパッケージ(航空券/新幹線+ホテル)にセットにするとお得な事も

航空券とホテルを組み合わせるダイナミックパッケージに、レンタカーをセットするとお得にレンタカーを借りれますので、ダイナミックパッケージとレンタカーを併せて使う方は、ぜひ一緒に検索して比較してみてください。ただ全て一つにまとまってしまい柔軟性はなくなりますので、旅程変更の可能性がある場合や、一部日程で借りたい場合は、別々で予約する事をオススメします。

マイルやポイントを貯めるのを忘れずに!

レンタカーは、航空会社と連携している事が多く、借りる際に航空会社のマイレージ番号を登録しておけば、マイルを貯めれる会社が多いです。またポイントバックサイトを経由してオンライン旅行予約サービスでレンタカー予約してもポイントが貯めれますので、レンタカー予約の際は忘れずに使いましょう。

上手にレンタカーを借りて良い旅行を

書き出していくと意外と注意する点が沢山ありました。こちらの記事と併せて国内編・海外編を読んでいただき、ぜひ上手にレンタカーを借りて、また一歩旅上手に近づきましょう!

john78

旅歴20年以上、訪問国数86ヶ国の旅行が大好きなアザラシが、旅上手になるための知識やTipsを発信しているサイトです。また実際に行って良かった旅先やオススメのホテルも紹介していきます。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP