泊まれるレストラン?!「オーベルジュ」で幸せな一時を

旅行の基礎知識

レストランで美味しい料理を堪能してると、「あぁ、このまま食べた後、寝れたらどんなに幸せか」と思った事はないですか?自分は毎回と言っていいほど思うのですが、そんな願望を叶えてくれる宿があるんです。


今回は、食べて寝れる幸せな宿:オーベルジュについてご紹介します。


オーベルジュは、フランス語で泊まれるレストランの事なのですが、グルメな方や旅行は食の楽しみな方に、ぜひ泊まってみて欲しい宿。

自分もオーベルジュが大好きで、国内旅行だと旅行先にオーベルジュがないか探してます(笑)自然に囲まれ雰囲気が良い宿が多く、そこで美味しいディナーを食べて、そのまま寝れるのは最高に幸せです。

そんなオーベルジュの良さと実際に泊まってみた日本のオーベルジュを書いてみたので、ぜひ参考にしてみてください!(まだ本場フランスのオーベルジュには泊まったことがないので、泊まりに行ってみたい…)

オーベルジュとは

オーベルジュは、フランスで発祥した「郊外や地方にある宿泊設備を備えてレストラン」のことです。

まず他の宿泊施設と違うのは、「美味しい料理が食べれるホテルや旅館」ではなく、「レストラン」がまずあり、そこに宿泊機能がついています。その土地の美味しい食材をその土地で美味しくいただく事が一番の目的で、そのためには日帰りではなくゆっくり食事とワインを楽しめるように泊まって楽しんでもらいたい思いからオーベルジュが生まれました。

まさにグルメなフランス人の発想で納得してしまいます。

日本でも郊外や地方にあり、発祥のフランス料理を提供するオーベルジュが多いです。

photo by Hans Braxmeier

オーベルジュの魅力

オーベルジュの魅力は挙げたら沢山あるのですが、自分が感じている3つの魅力を伝えられたらと思います。
1つめはロケーション、2つ目はゆっくりと味わえれる夕食、3つ目は、爽やかな朝食の時間です。

1.自然のロケーション

まずオーベルジュはどこも自然に囲まれていてロケーションが素敵な場所が多いです。

近くに自然を楽しめる散歩道があったり、敷地が大きくなくてもきれいな中庭やあったります。
またオーベルジュは、比較的客室数が少ない宿が多いので、自然の中にある小さな宿で過ごすのは、それだけでも充分ゆっくりとした一時を過ごせます。

2.ゆっくり味わえるディナー

なんといってもオーベルジュの一番の魅力は、夕食(ディナー)をゆっくり味わえる事に尽きます。
その土地で取れた美味しい食材を、その土地が好きなシェフが一番美味しく食べれる調理法で料理してくれる。

美味しくないわけがないですよね….
また食べるの前の移動や、食後の移動もないので、ゆっくりとアルコールも楽しみながら夕食を楽しめます(運転手にもありがたい!)

3.翌朝の穏やかな時間

ぜひ行って感じて欲しいのですが泊まった翌朝がまた素晴らしく、オーベルジュの魅力です。
自然のロケーションが素敵なので、朝起きて朝食前に庭や周辺を散歩したりしても良いですし、温泉やお風呂に入るのでも良いです。

そして、美味しい朝ご飯をいただく。最高の朝ご飯です。
夕食はフレンチでも、朝食は和食だったりして、朝ご飯で何が出てくるかが意外と楽しみだったりします。

オーベルジュ=高級ホテルではないのでご注意を

オーベルジュは高級ホテルとは違います。


オーベルジュの口コミを読んでいると、「部屋が普通だった」「荷物を運んでくれなかった」というコメントを見ることがあるのですが、そもそもオーベルジュはきめ細かいサービスや部屋が自慢なわけではないので、期待するのが間違っています。ディナーの値段が入っているのでそれなりに金額が高いので高級ホテル並のサービスを期待してしまう方が多いと思うのですが、レストランに泊まれる部屋がついているのが元々のオーベルジュのコンセプト」です。

もちろん、ブティックホテルのようにオシャレな場所もありますが、部屋やサービスはシンプルな場所が多いです。
オーベルジュの良さはレストランなので、美味しい食事を楽しみに行きましょう。

また泊まりたい!オススメのオーベルジュ

泊まった事がある、オススメのオーベルジュを紹介します!まだまだ数は多くはないのですが、泊まったらまた更新していきます。

#オーベルジュ・ド・プリマヴェーラ:長野県 軽井沢

軽井沢にあるオーベルジュで、大のお気に入りで毎年通っています。ここでオーベルジュという宿を知り、他の場所も泊まってみたいと思った始まりの場所です。軽井沢の別荘地の森にあり、周辺を散策もできるのと、また部屋とレストランから見える小さな池がある中庭が四季を反映していてきれいです。部屋も可愛く料理が美味しいのは勿論ですが、個人的なお気に入りは、猫脚のバスタブがある開放的な浴室、くるみ割り器を使って自分で割るくるみのサービス、朝食のスープです。ぜひ行ってみて体験してみてください。

#日高オーベルジュ ナチュラルリゾート・ハイジア:北海道 日高

北海道の日高にあるオーベルジュで、2頭の馬が放牧されている広大な敷地、自然の風景に合う建物、自家栽培の食材が魅力な宿です。宿に着くまでも馬産地の日高らしい、牧場に馬が放牧されている風景はここでしか見られないです。もちろん料理は言うことなく美味しいのですが、敷地内の自家農園で作られた有機野菜まで作ってるほど食材にこだわったフレンチ料理が楽しめます。暖かく落ち着いた宿でゆっくり食事を楽しむ。これぞ北海道のオーベルジュです。行った際には、夕食後に少し外に出てみて星空を眺めるのと、爽やかな朝の散歩はお忘れなく!

#チミケップホテル:北海道 津別

ミシュラン北海道2017で一つ星を獲得したレストラン「チミケップ」が運営するオーベルジュです。このホテルを見つけた時に、ものすごく行ってみたい衝動に駆られたのを覚えています。湖の湖畔に自然と調和してたたずむ1軒のホテル。道も未舗装でソフトバンク以外は圏外。そんな隠れ家のような場所で、道東の食材を使ったモダンな創作フレンチが出てくる夕食は想像の一歩先をいく、見た目にも楽しい料理の数々です。ぜひ泊まってみて体験してみてください。

#BOSCAGE Kariya:神奈川 湯河原

2019年11月にオープンしたばかりのオーベルジュで、ここ新鮮な海の幸を使った和食の料理が楽しめます。この宿の魅力はその名の通り建物の裏に広がる森です。ベランダからその森を飽きずに「ぼぉーっと眺めている」だけで良い、そんな宿でした。たまに鳥が木に飛んできたり、その鳴き声を聞いていたり、ゆっくり過ごせます。また湯河原温泉なので、お部屋は温泉付きで温泉からも森を楽しむことができます。夕食は、相模湾で取れた美味しい海の幸を楽しめる事は勿論ですが、海の幸がふんだんに使われている翌朝の朝食をぜひ楽しみにしてください。

オーベルジュに泊まって最高のグルメ旅を

この記事を読んでオーベルジュに興味を持ったら、ぜひ泊まりにいってみてください。少し高く感じてしまうかもしれませんが、泊まってみるとその魅力に気付くはずです。オーベルジュという選択肢が増やして、また一歩旅上手になりましょう。

john78

旅歴20年以上、訪問国数86ヶ国の旅行が大好きなアザラシが、旅上手になるための知識やTipsを発信しているサイトです。また実際に行って良かった旅先やオススメのホテルも紹介していきます。

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

john78

旅歴20年以上、訪問国数86ヶ国の旅行が大好きなアザラシが、旅上手になるための知識やTipsを発信しているサイトです。また実際に行って良かった旅先やオススメのホテルも紹介していきます。

Ranking

  1. 1

    泊まれるレストラン?!「オーベルジュ」で幸せな一時を

  2. 2

    Hello world!

最近の記事
  1. 泊まれるレストラン?!「オーベルジュ」で幸せな一時を

  2. Hello world!

TOP